劇団アトリエの活動記録

 ※画像をクリックすると詳細が表示されます。「劇団アトリエ」の活動についてはこちらのブログから見られます。

劇団アトリエ第21回公演『汚姉妹 -呪われた少女-』

2016年12月14日(水)~18日(日)

扇谷記念スタジオ シアターZOO

劇団アトリエ第20回公演『​蓑虫の動悸』​
2016年11月11日(金)~13日(日)

​​生活支援型文化施設 コンカリーニョ

若手演出家コンクール2015優秀賞受賞記念公演『​二番芝居』​
2016年11月11日(金)~12日(土)

​​生活支援型文化施設 コンカリーニョ

札幌演劇シーズン2016-夏- 劇団アトリエ『​学生ダイアリー』

2016年7月30日(土)~8月6日(土)

扇谷記念スタジオ シアターZOO

劇団アトリエ第19回公演『​もういちど ~蛙飛びこむ水の音~』2016年3月17日(木)~21日(月祝)

ターミナルプラザことにPATOS

劇団アトリエ第18回公演『​瀧川結芽子』

2015年10月30日(金)~11月1日(日)

演劇専用小劇場BLOCH

劇団アトリエ第17回公演『​半神』​

2015年6月12日(金)~14日(日)

扇谷記念スタジオ シアターZOO

劇団アトリエ第16回公演『​メシアの蟻地獄』

2015年2月26日(木)~3月1日(日)

演劇専用小劇場BLOCH

劇団アトリエ第15回公演『​愛と宗教』

2014年11月22日(土)~23日(日)

演劇専用小劇場BLOCH

劇団アトリエ第14回公演『​学生ダイアリー'14』

2014年9月14日(日)~15日(月祝)

扇谷記念スタジオ シアターZOO

劇団アトリエ第13回公演『​再編・十二夜』​

2014年6月28日(土)

サンピアザ劇場

劇団アトリエ第12回公演『​ピータァ・フック』​

2014年2月28日(金)~3月2日(日)

扇谷記念スタジオ シアターZOO

劇団アトリエ第11回公演『​汚姉妹』

2013年11月29日(金)~12月1日(日)

扇谷記念スタジオ シアターZOO

それ以前の公演

劇団アトリエ第10回公演『ザ・ダイバー』

 精神科医のカウンセリングを受けている殺人犯の女。彼女は自らの人格を次々に変えていく。彼女は自分を『源氏物語』の登場人物だと思い込んでいるようだ……。「日野不倫OL放火殺人事件」を下敷きに能楽『海人』や『源氏物語』の世界が交錯する。 演劇界の鬼才・野田秀樹が描いた決して謎の解けないサイコ・サスペンスを、劇団アトリエが記念すべき第10回公演として上演!

 

共同脚本:野田秀樹&コリン・ティーバン
【演出】小佐部明広
【出演】小山佳祐、柴田知佳、伊達昌俊、有田哲
【日時】2013年9月22日(日)14:00/19:00、9月23日(月・祝)12:00/16:00
【上演時間】1時間25分
【会場】扇谷記念スタジオ シアターZOO
【料金】(前売)一般1,800円/学生1,200円/高校生以下無料、(当日)一般2,000円/学生1,400円/高校生以下500円
【スタッフ】上田知(舞台)、かわさきまい(舞台デザイン)、相馬寛之(照明)、渥美光(音響)、佐藤紫穂(衣装)、小佐部明広(宣伝美術)、佐藤紫穂(制作)

 

劇団アトリエ第9回公演『生きてるものはいないのか』

 

 あやしい都市伝説がささやかれる大学病院で、ケータイ片手に次々と、十八人の若者たちが逝く。とぼけた「死に方」が追究されまくる脱力系不条理劇。第52回岸田國士戯曲賞受賞。

 

【作】前田司郎
【演出】小佐部明広
【出演】廣田彩、伊達昌俊、松本和馬、渡辺早紀、木村歩未、酒井収、有田哲、具志堅大樹、牧野朱里、元木みづほ、河合黎奈、塩俵昇大、浦本英輝、山下瑚波、武田明菜、辻直弥、信山E紘希、小佐部明広
【日時】2013年7月14日(日)15:00/19:00、7月15日(月・祝)12:00/16:00
【上演時間】1時間40分
【会場】演劇専用小劇場BLOCH
【料金】<前売>一般1,500円/学生1,000円/高校生以下500円<当日>一般1,800円/学生1,200円/高校生以下600円
【スタッフ】相馬寛之(照明)、渥美光(音響)、Chitoo.(衣装)、小川沙織(小道具)、小佐部明広(宣伝美術)、喜多満里奈(制作)

 

 

 

 

劇団アトリエ第8回公演『キミにとっての一秒が彼にとっての一秒とは限らない』

 

 実際、世界は崩壊しているのでした。これは、政治の話ではありませんし、また、環境問題の話でもありません。私たちは世界というものがひとつあって、それは過去にもあったし、未来にもあるだろうと考えていまして、またその世界には、私がいて、あなたがいて、彼がいて、彼女がいると考えています。しかし、実は世界はひとつではないのでした。あなたと、今、目の前にいるはずの彼とは、同じ世界にあるとは限らないのです。あなたが彼を見ている世界があって、彼があなたを見ている世界があって、その二つの世界は違うのです。ということで世界は相対的であって、私たちの信じる絶対的な世界、ひとつの世界というのは初めから崩壊しているのでした。とはいうものの、普段私たちは世界が崩壊しているとは思ってないのであって、それは私たちには崩壊している世界を補正する力があるからであって、例えば、物理的にいえば、私たちの目には世界は上下逆さまに映っているはずなのに、人間はその逆さまの像を脳で補正して、上下を正しく知覚しているのでした。だから私たちは目覚めながら夢を見ているのです。夢の中では、どんなに支離滅裂なことがあってもなぜか受け入れられることがあって、これと同じ様に私たち、現実でも、崩壊している世界をあたかもひとつの、絶対的な世界があるかのように錯覚できちゃうのです。そしてその錯覚により感じている、私の世界、あなたの世界、彼の世界、彼女の世界は、全て違うのに、その全てが正しいのです。本作品の意義は、その崩壊した世界を垣間見ることができることです。あなたの目の前にいる彼、の世界では、あなたが目の前にいないかもしれません。

 

【作・演出】小佐部明広
【出演】小山佳祐、柴田知佳、伊達昌俊、有田哲、ビルタテル、りょっぺ、佐藤愛梨
【日時】2013年5月10日(金)20:00、5月11日(土)12:00/16:00/20:00、5月12日(日)12:00/16:00
【上演時間】1時間35分
【会場】扇谷記念スタジオ シアターZOO
【料金】(前売)一般1,800円/学生1,200円/高校生以下500円、(当日)一般2,000円/学生1,400円/高校生以下600円
【スタッフ】増田好乃美(照明)、丹野早紀(衣装・小道具)、小佐部明広(宣伝美術)、細谷史奈(制作)

 

 

 

 

劇団アトリエ第7回公演『熱海殺人事件』

 

 警視庁の敏腕警部・木村伝兵衛と、その下に田舎から赴任してきた刑事・熊田、木村の部下にして愛人の婦警・水野の3人が、熱海殺人事件の真相をその容疑者である大山を取り調べる中で鮮やかに改竄していく物語。第18回岸田國士戯曲賞受賞。

 

【脚本】つかこうへい
【演出】小佐部明広
【出演】小山佳祐、柴田知佳、伊達昌俊、ビルタテル
【日時】2013年1月12日(土)14:00/19:00、1月13日(日)14:00/19:00、1月14日(月祝)13:00/17:30
【上演時間】1時間35分
【会場】レッドベリースタジオ
【料金】(前売)一般1,800円/学生1,200円/高校生以下500円、(当日)一般2,000円/学生1,400円/高校生以下600円
【スタッフ】増田好乃美(照明)、関屋奏斗(音響)、小山佳祐(小道具)、小佐部明広(宣伝美術)、細谷史奈(制作)

 

劇団アトリエ第6回公演『The Dream Diver』

 

 少し未来のお話。3年前に地球に流星群が衝突し、多くの人々が死んだ。無免許医であるカザマのもとに一人の少女ゆりなが運ばれてくる。ゆりなは眠ったきり目覚めなくなってしまった。助手のマリアは、彼女の夢の中に深く、深く、潜っていく。しばらくしてゆりなは目を覚ました。しかしその少女の魂は、3年前にこの世を去った姉のせりなであった。そのころ神と天使と死んだ人間の住む天界では、神マーズの作戦が動き出していた。「私の声で、私の身体で、誰かの身体を温めてやらなきゃいけない。私を待ってる誰かのために、今日も私は目を覚ます。」劇団アトリエの2012年の集大成となるファンタジー。劇団アトリエ史上最高のエンターテイメント作品。

 

【作・演出】小佐部明広
【出演】小山佳祐、柴田知佳、伊達昌俊、有田哲、田村貴大、井上嵩之、福井佑梨、中野遥、笠井成美、江崎未来、りょっぺ、望月凛太郎
【日時】2012年11月15日(木)19:30、11月16日(金)19:30、11月17日(土)14:00/19:00、11月18日(日)12:00/16:00
【上演時間】1時間45分
【会場】ターミナルプラザことにPATOS
【料金】(前売)一般1,800円/学生1,500円/高校生以下1,000円、(当日)一般2,000円/学生1,700円/高校生以下1,200円
【スタッフ】坂内泰輔(舞台監督)、亀岡優人(舞台監督補佐)、上田知(舞台協力)、米澤春花(舞台製作)、勝見慧(舞台製作)、大竹里奈(舞台デザイン)、増田好乃美(照明)、天谷祐介(音響)、佐藤紫穂(衣装)、宗一郎(小道具)、伊達昌俊(小道具)、福井佑梨(身体訓練)、宮本柚貴(宣伝美術イラスト)、野華奈江(宣伝美術製作)、小池瑠莉(受付)、佐藤紫穂(制作)、喜多満里奈(制作補佐)

 

 

 

 

劇団アトリエ第5回公演『学生ダイアリー』

 

 舞台は2015年、札幌のとある大学。イベントサークルの学生達は、サークル主催のイベントを目前に控えている。外では何やらデモが行われている。学生達はキャンパスライフをエンジョイしている。だが、なにかが足りない。楽しさの横にあるこの隙間はなんだろうか。人々の淡々とした会話の中から、それぞれの思い、そして、日本を漂う空気が浮かび上がって来る。我々は何に意味を見出し、何を恐れているのか。どうか我々の生き方を「否定」しないで欲しい。生きていけないから。しかし我々の生き方を「肯定」しないで欲しい。よくないことはわかっているから。だから我々の生き方を「認識」して欲しい。我々の思いを、「認識」して欲しいのだ。若手実力派8人をキャストに迎え、劇団アトリエが真っ向から口語演劇に挑む―――。

 

【作・演出】小佐部明広
【出演】小山佳祐、有田哲、阿部星来、佐藤愛梨、ビルタテル、玉置陽香、田村貴大、井上嵩之
【日時】2012年5月25日(金)20:00、26日(土)14:00/19:00、27日(日)13:00/17:00
【上演時間】1時間40分
【会場】扇谷記念スタジオ シアターZOO
【料金】(前売)一般1,500円/学生1,000円、(当日)一般1,800円/学生1,200円
【スタッフ】坂内泰輔(舞台)、増田好乃美(照明)、相馬寛之(照明監督)、小佐部明広(音響)、小山佳祐(小道具・宣伝美術)、野華奈江(宣伝美術)、竹内麻希子(制作)

 

 

 

 

劇団アトリエ第4回公演『色褪せた生生、生、、、』

【作・演出】小佐部明広
【出演】小山佳祐、小池瑠莉、柴田知佳、伊達昌俊、有田哲、桑谷麻理菜、信山E紘希、木村歩未、長岡登美子
【日時】2012年3月17日(土)14:00/19:00、3月18日(日)13:00/18:00、3月19日(月)20:00
【上演時間】1時間40分
【会場】演劇専用小劇場BLOCH
【料金】(前売)一般1,500円/学生1,000円、(当日)一般1,700円/学生1,200円
【スタッフ】渡辺康平(舞台監督)、和田研一(照明)、天谷祐介(音響)、宮本柚貴(宣伝美術)、谷内望実(宣伝美術)、竹内麻希子(制作)

 

劇団アトリエ第3回公演『もういちど』

 

 一人の男が生まれ、遊び、楽しんで、恋い焦がれ、苦悩し、葛藤し、喜び、生きて、そして死にゆく。そしてまた生まれていく。劇団アトリエ第三回公演は、真剣さと遊び心が入り混じり、役者が舞台上を動き回る、人生の物語である。

 

【作・演出】小佐部明広
【出演】小山佳祐、小池瑠莉、柴田知佳、小佐部明広、伊達昌俊、有田哲、田村貴大、江崎未来
【日時】2011年12月2日(金)19:30、3日(土)14:00/19:00、4日(日)12:30/16:00
【上演時間】1時間40分
【会場】演劇専用小劇場BLOCH
【料金】(前売)一般1,500円/学生1,000円、(当日)一般1,700円/学生1,200円
【スタッフ】渡辺康平(舞台監督)、野華奈江(照明)、渡辺智之(音響)、谷内望実(衣装・宣伝美術)、桑谷麻理菜(制作)

 

 

 

 

劇団アトリエ第2回公演『緑に息吹 眼に鱗』

 

 病室に入院中のOLが二人いる。二人はそれぞれ違う会社のOLである。そこに会社の同僚や恋人が出入りし、とりとめのない会話をしたり、滑稽なやりとりをしたりしている。ただそれだけであるが、しかし、確かになにかが変わっていくのである。劇団アトリエ第二回公演は、人々の生活を描写する脱力系口語喜劇!

 

【作・演出】小佐部明広
【出演】柴田知佳、小池瑠莉、小佐部明広、小山佳祐、伊達昌俊、有田哲、江崎未来、信山E紘希
【日時】2011年7月1日(金)20:00、3日(日)17:30、9日(土)17:30、10日(日)12:30
【上演時間】1時間20分
【会場】扇谷記念スタジオ シアターZOO
【料金】(前売)一般1,500円/高校生以下1,000円、(当日)一般2,000円/高校生以下1,500円
【スタッフ】渡辺康平(舞台監督)、FUKUDA舞台(舞台装置)、相馬寛之(照明)、野華奈江(音響)、谷内望実(衣装)、小池瑠莉(小道具)、桑谷麻理菜(制作)

 

劇団アトリエ第1回公演『悪いのは誰だ』

 

 ある事件が起こった。悪いのは誰だ。そいつのせいでたくさんの人が可哀想な目に遭った。そいつを徹底的にこらしめてやらなければいけない。そうしないと気がおさまらない。また事件が起こった。悪いのは誰だ。そいつのせいでたくさんの人が可哀想な目に遭った。そいつを徹底的にこらしめてやらなければいけない。そうしないと気がおさまらない。人にはそれぞれの人生がある。事件の被害者にも人生があったし、事件の加害者にも人生があったんだ。本当に悪いのは誰なんだろう。

 

【作・演出】小佐部明広
【出演】小池瑠莉、柴田知佳、小山佳祐、有田哲、伊達昌俊、松本和馬、田村貴大、黒田英敬、野華奈江、小佐部 明広
【日時】2011年4月1日(金)19:00、2日(土)12:00/15:30/19:00、3日(日)12:00/15:30/19:00、4日(月)13:00/16:30
【上演時間】1時間30分
【会場】アートスペース201
【料金】(前売)一般1,000円/高校生以下500円、(当日)一般1,200円/高校生以下700円
【スタッフ】渡辺康平(舞台監督)、大竹里奈(舞台)、増田好乃美(照明)、天谷祐介(音響)、谷内望実(衣装)、桑谷麻理菜(制作)

© 2011-2019 by Clark Art Company Planning & Management Committee.