劇団アトリエ第15回公演 『愛と宗教』

誘拐犯グループと、誘拐された女。 
 

ふたりは愛し合うようになり、 
誘拐犯グループを崩壊させる。 

 

ふたりはアパートの一室で、 
ふたりだけの世界を創り出していく。 

 

そして、ふたりの愛の行き着いた先はーー。 
 

愛は幸福。愛は救済。愛は犠牲。 
愛は妥協。愛は執着。愛は依存。 
愛は暴力。愛は兵器。愛は宗教。 

 

同じ「愛」という言葉でも、 
まったく違う意味をもつことがある。 

 

今まで、愛というものについて、 
いろんな人がいろんなことを語ってきた。 

 

愛で人を救うこともあれば、 
愛で人を殺すことだってある。 

 

あなたのいう「愛」とは、 
いったいどういう意味なのでしょう。 

 

もしかしたら、あなたの愛は、 
自分の身を破滅させる、 
危険な宗教かもしれません。 

【演出・脚本】

小佐部 明広(劇団アトリエ)

【出演】

山木 眞綾(演劇集団‐遊罠坊‐) 
小山 佳祐(劇団アトリエ)
有田 哲 (劇団アトリエ)
伊達 昌俊 (劇団アトリエ)

【日時】

2014年

11月22日(土) 15:00/19:00 
11月23日(日) 12:00/16:00

【上演時間】

​1時間27分

【会場】

演劇専用小劇場BLOCH 
(札幌市中央区北3条東5丁目岩佐ビル1F) 

【料金】

<前売>一般1,800円/25歳以下1,500円/高校生以下500円

<当日>各200円増

【スタッフ】

舞台監督 上田知 
舞台デザイン 川崎舞 
照明 相馬寛之 
音響 小佐部明広 
衣装 加藤千尋 
制作 加納絵里香(劇団800階)、丹野早紀(演劇集団空の魚) 

© 2011-2019 by Clark Art Company Planning & Management Committee.