ボタン1.png

西暦2067年。公務員である成川乃子(なるかわのこ)は、仕事で過去の記録の改竄をしている。
 

その国は、ある党の一党独裁政権下にあった。
国民は、イヤホン型端末「イアリー」に搭載された小型カメラで互いを監視している。
成川は、いつか自分が消されるだろうと考えている。本当は自由を求めているから。

 

英人作家ジョージ・オーウェルのディストピア小説「一九八四年」をプロト・パスプアが脚色・舞台化。
 

この物語はフィクションである。あなたがそうしたいと望むなら。

70682.jpg
登場人物2.png
ogawa.jpg

成川乃子(なるかわ のこ)

真理省記録局の職員。過去の記録の改竄をしている。

​CAST:小川沙織

takahashi.jpg

新出戒(にいで かい)

真理省記録局の職員。小説執筆機の運転操作をしている。

​CAST:高橋寿樹(クラアク芸術堂)

taniakawa.jpg

岩田夢穂(いわた ゆめほ)

真理省記録局の職員。成川の同僚。

​CAST:谷川夢乃

kobayashi.jpg

加藤安(かとう あん)

真理省調査局の職員。〈効率語〉の編纂をしている。

​CAST:小林由香

mishima.jpg

桜庭零(さくらば れい)

党の中枢幹部。

​CAST:三島祐樹

演出挨拶2.png
20210129_224018.jpg

 去年2月に舞台を上演して以降、すべての公演予定を白紙に戻した。高校生の時から演劇を始めて、丸一年舞台の上演ができなかったことはない。

 舞台を上演できないのは苦しい時間でもあったが、かわりに知識を補強し整理することができた。もちろん、今の状況では創作以外に考えなければならない部分もあり、常に上演中止の可能性について考えなければならないのは苦しいところではあるが、一度ゆっくりと立ち止まった時間を経てつくれる舞台は楽しみでもある。

 ようやく、舞台を上演する覚悟が固まった。

​ プロト・パスプアとしては最後の公演にする。

演出 小佐部明広

ボタン1.png

※お席には限りがございます。お早めにご予約ください。
※チケットは、完全予約制です。予約以降にキャンセルがあった場合も、キャンセル料は発生しません

新型コロナウイルス対策に細心の注意を払います

私達の取り組み

  • 客席の半分を不使用とし、客席の距離を確保します。

  • すべてのスタッフ・出演者の体調チェックを実施し、新型コロナウイルス感染が疑われる場合は、稽古および上演を即時中止します。

  • 公演ごとに、客席、ロビー、トイレなどを消毒します。

  • 上演中も、約45分で空気が全て入れ替わるスタジオの換気システムで、換気を実施いたします。

  • 一定期間、お客様のご連絡先をお預かりし、新型コロナウイルスの感染者が発見された場合は、保健所の指示に従います。

新型コロナウイルス感染防止にご協力お願いいたします

09.png

マスク着用で
ご来場ください

02.png

入口で手指消毒を
お願いします

01.png

入場時の検温に
ご協力ください

04.png

会話は小声で
お願いします

03.png

入場時に人と距離を
あけてください

次のような場合は必ずご来場をお控えください

  • 37.5℃以上の熱、そのほか咳、だるさ、息苦しさなどの風邪の症状がある場合

  • 感染が疑われる方との濃厚接触の可能性がある場合

  • 2週間以内に感染拡大地域へ訪問した場合、またはそうした方との濃厚接触がある場合

公演日程.png
date2.jpg
料金.png

一般2,000円 学生1,000円

★スタート割 1,000円

(税込)

※完全予約制につき当日券は販売しません。

※学生料金のお客様は学生証の提示をお願いする場合があります。

★【スタート割】3月13日~14日のステージは 一般料金が割引!

 

カタリナスタジオ

 

札幌市北区北10条西2丁目18番地1

・地下鉄南北線「北12条」駅から徒歩4分
・地下鉄東豊線「北13条東」駅から徒歩7分
・JR札幌駅北口から徒歩10分

 

※当施設の駐車場はございませんので、お近くの有料駐車場を利用するか、公共交通機関をご利用ください。

※当施設の横、下の駐車場は近隣マンション住人の月極契約駐車場ですので、絶対に車を停めないでください。

map2.jpg
会場・アクセス.png
ボタン1.png

※お席には限りがございます。お早めにご予約ください。
※チケットは、完全予約制です。予約以降にキャンセルがあった場合も、キャンセル料は発生しません

スタッフ

 

照明≫中森彩

音響≫小佐部明広 

衣裳≫松島みなみ
宣伝美術≫小佐部明広

広報≫新田絵梨

制作≫大川ちょみ 五嶋アキ

プロト・パスプア

 

「純文学」と「身体」と「声」をキーワードに、舞台表現の可能性を模索し追求する実験グループ。

ディレクターは小佐部明広。

『ある映画の話』で札幌劇場祭TGR2017特別賞。

お問い合わせ

 

問い合わせはこちらからお願いします

パスプア・ロゴ(白).jpg
クラアク芸術堂ロゴ(横).jpg